武道空手研究会 ~武術・ダンス・東洋医学~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四つ足動物が理想 〜ガマクの操作?〜

治療業務は鍼灸、マッサージなどの手技療法が主である。
それらは患者さんの体を介して、四つん這いの姿勢になる様なものである。

患者さんの体に体重を掛けていくが、治療と言う目的上、患者さんからの体の情報を感知できる様に「受動的」に力を掛けていかなければならない。

微妙な力使い、変化する態勢で四つん這いを維持する。

この為、下手なやり方だと首から背中、腰や下肢など、全身に偏った疲労が蓄積し、人の体を診るどころではなくなり、痛める事もある。

自分の体使いが楽にできないと、治療にはならないものだとつくづく感じる。
―――――――――――――――――――――
そんな時、いつも思うのが

「四足動物の身体操作に近づけたらいいのではないか。」

と言う事だった。

しかし、常に二本足で直立するのが人間の動作の基本でもあるし、武道でも他の芸事でも

「立つ事を極める」

のが、その道を極める事にもつながる、と考えているので、安易に四足理論を最上とするのも注意すべきであろう。



そんな中で考えた「四足運動理論」。

治療業務に携わる者はその動作の特異性により、一般人に比べて四足状態の時間が極めて長い。

そんな特殊な態勢の時間が多い為、間違った稽古、偏った稽古をした数日後などに必ず腰や下肢に不調が起こる。

稽古法も間違っていたのだろうが、自分の四足態勢そのものに間違いがあるのではないかと考えた。
―――――――――――――――――――――
まずは腰を痛めやすいと言う事実。

当然、腹筋や背筋の筋力だけの問題ではない。

「姿勢」。

確かにそうだ。
しかし、姿勢の何をもってよしとするのか。

それはやはり重力との関係における、ちょうど良い自然な力の入れ具合だと思う。

それを太極拳や意拳、太気拳などの中国伝統武術では細やかに、具体的に追及していっているのだと思う。

ヨガもそうだろう。

わざと維持しにくい態勢で、あえて全身の力配分や重心が狂い易い腹式呼吸をさせる。

しかし、それは自然な呼吸であるので、

「不自然な態勢で自然な呼吸を続ける。」

と言う厳しくも、もっとも的を射た鍛錬法を考えだしたのではないか。
―――――――――――――――――――――
自分はやはり武道空手の技術論から考えた。

武道空手に求められるもの。

「反り身」により「浮身」がかかり、それは「ガマクをかける」と言う操作になるのではないか・・・。
それはいつでも瞬間的、爆発的に加速度的落下を可能とする。

この態勢を可能にする「姿勢」のあり方は・・・・

安定した姿勢では落下する事はできない。
不安定で、ちょっと吊り合いをくずしただけでも間髪入れず、鋭く落下する様な状態を作る。

頭や胸、腰などの主な重心位置が存在する各部位の吊り合いと、その微妙な力加減の状態を保つ為の体幹部の筋力調整。

やはり「腹圧」の掛け方か。

腹圧と言っても、単純に「腹」の部分だけでなく、「胸郭」と言う横隔膜から上の、心臓と肺がある空間の内圧の調整も含まれる。
―――――――――――――――――――――
一般的にガマクを掛けるとは、横隔膜の操作のイメージが先行しているように思う。

これは一時流行ったヨガの「火の呼吸」などへの関心の高さにもよるかもしれない。

しかし、当然ながらヨガのそれも横隔膜のみの操作ではないであろう。

この点について自分が明確に感じたのは、

「下腹部と横隔膜」と言う「二部位」

を主とする内圧、何気ない力、すなわち受動筋力の掛け方によるものと思われる。

この時、四足動物の腹のシルエットがなぜあの様な形になっているのかと考えた。
そして、自分が四足状態の時に、それを真似てみようと思った。

四足動物を横から見ると、横隔膜辺りの肋骨がふくらんで(ゆるんで)、後ろ脚の付け根付近の人間で言うと「へそから下」の下腹部がへこんで見える・・・。
―――――――――――――――――――――
うちにはレトリバーとセッターのメスの雑種犬がいる。
もう10歳になる。

たれ耳で中型犬よりやや大きいか。

人懐っこく、臆病で、人を気遣う様なところもあるが、呼んでも来ない時もあるマイペース型である。 

寝たままで目を開けてこちらを見て、また寝てしまう猫の様な性格も併せ持っている。

そんなうちの犬を毎日見たり、触れ合ったりしているので、四足動物から何か得られないものかといつも考えていた。

その為、四足動物を想像する時は、いつもうちの犬がモデルなのである。
―――――――――――――――――――――
仕事中、患者さんに対しマッサージを行っていた時に、その「四足動物の腹のライン」を真似してみようと思った。

自分が四足状態なら、より再現しやすいはず。
また患者さんに施術を施していると言う、反応と変化を求められる状況で試す事ができる。

そして、下腹を軽く引っこめ、横隔膜付近と肋骨の下端部をゆるませた。

その瞬間に、腰椎と仙骨のつなぎ目辺りが非常に楽になったのを感じた。
掛かっていた体重が一気に軽減し、軽く、動かし易くなったのである。

それに次いで、両腕で体を支さえる事による首や背部の力が、軽くて済むのも感じた。
―――――――――――――――――――――
立った時にその状態を試してみた。
やはり、腰から下肢、背中などへの重さの掛かり具合が違う。

そして武道空手的に見ても、「浮身」実現の為の「反身」が極々軽く、自然な形で維持できていると感じた。

これは重要な事であり、遠間から近づいていく時はゆったりと大きめの「反身」をとる事ができるが、いきなり近距離から始まる場合、できない事である。

それがほぼ直立に近い状態で、いつでも瞬間的、爆発的に全身を落下さす事ができる態勢を維持できていると感じたのだ。

近間からいきなり高速の突きをだせる状態。
しかも落下、「沈身」が効いた全体重を利用できる突き。

仕事の休憩時間にちょっと試してみたのだが、結構良い感触だった。

見た目は、直立した状態から「短打」を連続して打っている感じである。

しかし、びっくりして手足を瞬間的に突っ張った様な動きであるので、見ている者には笑えるものである。

突っ立ったゼンマイ仕掛けのおもちゃの人形が、いきなり何かに引っかかってガチン!!と止まった様に見えるのではないか。

実際、若いスタッフは皆笑っていたのが、自分にとってはとても印象深い事であった。

人間の自然な反応、自然の法則を活かした技法は、生理学的な「反射」であり、人間が、いや生物が、肉体が傷付けられるのを避ける為の「本能」のレベルなのだろうなと思った次第。
―――――――――――――――――――――
この胸郭(横隔膜)と下腹部は「呼吸」を操作する。

呼吸とはこれら「胸・腹」の空間の
「緊張と弛緩」、
「収縮と膨張」
を繰り返す行為であり、生命を維持するものである。

胸と腹の自然な状態を作るには、やはり呼吸も自然でなければならない。
呼吸のあり方そのものが、胸郭や腹筋群の操作であり、浮身や反身のあり方なのである。

本物の武道の技は「本能」である。

生物の最も強い本能は、「生命維持」の為の
「危機回避」
につながるものだと思う。

ゆえにそれらは全て「無意識」で行われる反応である。

「自分」や「個」が感知するのではなく、もっと普遍的な、生物、生命として反応する訳であるから、「我」が入る余地がない。

「無我」が良しとされる所以であろうか。

生命維持に起因する為、
「攻撃」よりも
「防御・回避」
する反応の方がより強く現れるのではないだろうか。

生物はもともと「我」などなく、ただ純粋に生きる為だけのものだと思う。

他の動物にはない、人間特有の「我欲」を守ろうとする行為は「本能」ではないと言えるのではないだろうか。

以前、「嘘を見破る法」なるものをテレビで見た事がある。

例えば車の運転中など、何気ない自然な行為をしている状態の時に、いきなり質問をすると、人はついつい本音を語ってしまうのだそうだ。

やはり、無意識の時には「我欲」が消え去っているものなのだろうか。
―――――――――――――――――――――
この様な胸郭の内圧、腹腔の内圧を調整する事が、「直立する」と言う事に対し、より適応していく事が、人間に残されている「進化」なのではないだろうか。

この腹のラインや形状について思うのは、意拳の開祖、王薌齋先生や太気拳開祖の澤井健一先生とそれを伝承されている諸先生方、それと以前武術雑誌で見た「心意六合拳」の中国の方々の下腹部がしまっている様に見えるのは、よく見受ける太極拳や内家拳の達人の下腹部が膨らんでいるのと、どちらが理想的なのであろうかと言う事である。

これは体質やその方の年齢やら、様々な要因もあり、一概に言えないものとは思う。

しかし、「練丹の法」やら「ひさご腹」などと言い、日本武術でも気が充実してふくらんだ下腹部をよしとする傾向が存在した様に思う。

偉大なる「肥田式強健術」もその部類に入るのではないか。

自分もその様な「形状」を目指し、
「下腹部をゆるめて、丹田に気が集まり易い状態」
を意識していたところもあったが、「健康の為」、「武道技術向上の為」
と言う目的に純粋に研究をしていくと、いろんな違った部分も見えてくる。

また伝統武術界の先達が、いかに優れているかを伺い知る事ができる。

目標は遠い。
スポンサーサイト

当会の目的

私は「メモ魔」とたしなめられた程、稽古の要点や教えをメモしてきました。

道場で稽古を終え、着替える前に、帰宅途中で、帰宅して半分寝ながら・・・。

この様にして蓄積した数々の教えと、自分で気付いた要点はすでに13年分。

今、読み返してみれば忘れかけていた当時の教えと、道場に寝泊まりする事も度々あった当時の自分の想いが、一気に蘇ってまいります。

自分なりに体得したことも幾らか蓄積されて参りました。
そうして培ったものは独占すべきではありません。

今、本当に心を込めて、この大切なものをより多くの方にと思い、これから行っていくべき事をまとめました。

私の解釈でとらえた武道空手の紹介です。

以下この会、武道空手研究会の概要です。

―――――――――――――――――――――  

             当会の目的

当会、「武道空手研究会」は、武道空手の技術追求により、様々な人たちの健康と身体機能向上に貢献する事を第一義とし、一個人の流儀を流布する事を目的とはしないものである。

よって技術の進展については全て自己責任のところであり、組織として何ら責務を課す様な事はしない。

健康の為、武道の技術向上の為、その他個人の目指すところに従い、自由に参加してもらう事を希望する。

また多忙で時間の取れない人たちに向けて、インターネットを通じた動画配信などで独学での鍛錬を支援する事にも力をいれていく。

内容は主に武道空手の稽古法によるが、武道以外でも全ての運動家、身体操作の向上を目指す人を対象とする。
―――――――――――――――――――――
               当会の活動内容

・稽古会の主催
・動画配信による稽古法の紹介
・武道や格闘技を中心とした幅広い交流
・武道的解釈による医学的応用法(専門家向け・一般向け・その他アスリート向け)


―――――――――――――――――――――
               主な鍛錬内容

・人体の基本的操作(※三三三の基本意識、経絡の運動応用、腹圧の調整など)
・武道空手の基本、応用、組手
・武器術への応用(琉球古武術の各武器、木剣、短刀、手裏剣、武器への対処法など)
・武道的基礎体力練成(握り瓶、チーシ、振り棒、鉄下駄、立木押し、自重鍛錬など)

※三三三の基本意識・・・・・
三つの重心位置(頭、胸、腰)、三本の体軸(左右軸と真中の軸)、前後面での三本軸(前面、中心、後面の軸)の事。また腰の切りも三つである(横移動、斜めの切り、前後のしなり)。

武道空手研究会

この度、3度目のブログタイトルの変更をしました。

理由は先日、二聖二天流柔術憲法、柳川道場を辞める事になり、今後は柳川宗家、二聖二天流の御名を用いる事ができなくなった為です。

道場を辞めました理由は、すべて私が宗家の御意向に沿えなかったと言う事に尽きます。

今後は全て、木田実個人の武道空手の研究日記とその活動についてであり、二聖二天流と柳川宗家とは一切関係の無い事をお断りしておきます。

以前のものは技術進展の経緯もあり、そのまま保存しておきますが、本日以降はその様に御理解頂きます様、お願い申しあげます。

もし、その事により何らかの不利益を被る様な方がおられましたら、是非御一報下さいます様、重ねてお願いいたします。



「武道空手」と言う名称を標榜している組織、団体はいくつかあります。

また、「正中線」、「浮身」、「鞭身」、「ガマク」、「居着かぬ足」などの武道空手の用語も、空手だけでなく多種多様な武術の流儀流派で用いられております。

その為、今後私が用いるそれらの用語、技術論はあくまで私個人の研究のものと御理解下さい。

それでも今まで指導を受けたのが柳川宗家でありますから、
「お前のそれは柳川宗家のものではないか。」
との御意見があるかもしれません。

確かにそのとおりですが、柳川道場へ行かなくなり1年あまり、私の技術のもとは二聖二天流なのでしょうが、厳密に言えば現在の稽古法や基本、鍛錬法などは私の知るところではありませんので、もうすでに二聖二天流ではないものと思っております。

今後もより積極的に活動して参りますので、よろしければお付き合い下さいます様、お願い申し上げます。

新たに・・・

ここ数年は本当に、基礎的な身体能力は低迷気味。

技術的、精神的な気付きはどんどん出てくるが、それを支える基本的な体力がイマイチな状態が続いている。

どうしても仕事が中心になる為、それは仕方がない。
個人レベルの治療院経営などは、やればやる程、やるべき事は増えていく。

であるから、それらを全部こなすのでなく、精選して量を調節し、最低限の時間を作っていく。
かえってそれが仕事に好影響をもたらす。

日本人は休むのが下手だと言われる。
逆に勤勉な民族とも言われる。

自分は勤勉かどうかは分からないが、物事に集中する事が好きな性分である。
しかし、集中する事は周囲が見えなくなる事も多いので、そこそこにしなくてはならない。

「集中し過ぎない事」

宗家からも言われていた事である。
――――――――――――――――――――――――
自分は局所に集中し、こだわるのが良い点でもあるので、そうした深みをもたらす要素はほっといても出てくるので、普段なるべく他の事も同時進行させる様に心掛けている。

ここ数年の基礎体力不足も、特定の部位に集中した鍛錬法をやりがちだからであろう。
その結果、身体意識は偏り、健康的ではなくなる。

中国武術の内功的な鍛錬に偏ったり、

日本武術的な鍛錬に偏ったり、

またスポーツ競技的、現代的な鍛錬に偏ったり・・・・・。

それら全ては自分に合わないものとは思わない。
まして悪いもののはずがない。

結局、自分が変な偏りをした用い方をし、それらの良い点を引き出せなかったに過ぎない。

それらをバランス良くこなしているつもりではあったが、現実としてできていなかったと言う事だ。

柳川宗家も、他の日本武術、中国武術の大家達も、はじめから”楽な動きを求めて楽になった”訳ではない。

あくまで武術の強さを追及した後に、動きが楽になっていったに過ぎない。

自分は武術の強さがほぼ無いに等しい状態で「楽な動き」を目指していたのではないか。
――――――――――――――――――――――――
今思うのは、それら全て自分の歴史に関わってきた鍛錬法を、同時に進行させるべきだと言う事。

なぜなら、若い内に行った鍛錬は、その後の人生、自分の体質を決定してしまう程の影響力を持ち、また反対にそれだけでも鍛錬を続けるのは体力的に無理があるからである。

ここ数年の自分は、新たな発見でとんでもなく調子が良い時期があると、その後体が動きに付いていけず疲労が溜まって不調な時期をむかえると言う事を交互に繰り返していた。

何か最善の理や要点をつかむ事で、技術、体力全ての問題を解決できないか、などと考えていたのだ。

しかし、その様な都合のよいものは無く、自分に合った鍛錬法を日々こなしていく事しかないと考え始めた。

その様に自分を制限して試行錯誤を続けてきたのは、正しい技術を学ぶには

「○○してはいけない。」

と言う様な事を先に考えてしまう自分の性格のせいだと思っている。

しかし、様々に試行錯誤してきた結果、自分に必要だと思われる鍛錬法は、どれも本当に必要なのだと言う事が分かった。

「40にして志す」

本当なら「15にして志し」、「40にして惑わず」と行きたいところだが。

昨年末、宗家からも
「そろそろ力いっぱいやる様な練習はやめた方がいいな。」
との御指摘を頂いた。

が、人体の加速度や威力を最大限に引き出す、武道空手の技を練磨するのに耐え得る体ではない事が今まで以上に感じられている以上、やらなくてはいけない。

日々の体調をいちいち気にせずに鍛錬できる強さが欲しい。
それは仕事でもある治療でも絶対に必要なもの。

多くの患者さんに施術しても、余裕の体力が欲しい。
筋力的なものだけではなく、疲労の回復力、内臓の調整力。

それには、武道的、スポーツ的、どの様な鍛錬法でも自分に必要なものは全てこなし、過去の自分史上、最強の自分ならぬ、最も調った

「最調の自分」

を必ず手に入れる。

読んでみると「さいちょうの自分」となり、なんだか気が抜けてしまいそうな感じではあるが・・・。

時間が限られている事は変わらないが、来年はいろいろな意味で再始動したいと思っている。

その為の準備はすでに始まっている。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。