武道空手研究会 ~武術・ダンス・東洋医学~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【武道空手 身体操作】 空中腕相撲!?

先日、海外在住の日本人の武術愛好者の方から、とある武術セミナーを受けた内容についてご質問のメールを頂きました。

その中で、「空中腕相撲」なるものがあり、どうしてもその理屈が分からなかったということで、私が実験済みの原理からお答えしたものを、ここで取り上げてみたいと思います。


空中腕相撲とは、両者が立った状態で、台や机などを使わずに腕相撲するものです。


これは特別な身体操作用語など使わず、また気などでもなく、姿勢と基本的な体の操作だけでできる、つまりこれも「理」で説明できると言うわけです。

「理」などと言うとたいそうなものに聞こえますが、手品の「タネ」とよく似ています。
ただそのタネの要領に慣れるのに、時間と労力がかかると言うだけの話です。

いや、むしろ手品の「タネ」は厳しい修練によってのみ可能な、これも特別な身体操作技術でもあるのです。

まあ、私が言いたいことは、武術の「理」というものを、あまり特別な存在と考えず、チャレンジしていって欲しいと言うことなんです。


伝統の智恵の集積である、武術の原理を馬鹿にしているわけではありません。

武術の原理をあまりにも複雑にとらえるのは、かえって実現させる可能性を自らなくしてしまいます。

それはあまりにも残念なことです。

同じ人の体であれば、ある程度はできるものなんです。
慣れるのに少々苦労はありますがね。

いずれにしても、武術を単なる神格化したシンボルの様なものにはしたくないですよね。




さて、ではまず腕の動きから説明しましょう。

普通の動きなら、自分の体の正面に対し、左右に相手の腕を倒す様な動きですよね。

しかし、ここでは拳から肘までを一直線とし(※最下段に前腕軸の養成法を記します)、自分の体の向きと前腕の軸の向き、それと拳が動く方向ができるだけ同じにします。

体の正面に対し、拳が前に相手に向かっていく様な動きです。

しかし、ここでは腕相撲なので、肘は自分の脇からあまり離れない様にし(その方が強いこともあります)、体をひねることで相手の拳を、押し込んでいくのです。

慣れてくれば、拳から肘までの前腕部の軸が通ってきて受動筋が働きやすいので、ある程度相手に腕を倒されたところからでも耐えることもできます。



そして次に大事なのが、骨盤の操作。

腕相撲をしている腕と反対側の腰、つまり後ろ足の尻が、わずかですが後方に引きます。

少し後ろに引いてまず相手からの力を逃がし、体全体で吸収してから、力の方向を変えて拳で押し込んでいくのです。

内家拳の推手の基本原理や、合気の基本技と同様の原理ではないかと考えます。

この時、腰(腰椎)を反り過ぎない様に注意して骨盤(仙骨、尾骨)を立てて、肛門を下に隠す様にします。

そしてその姿勢をキープしながら、尻の下のライン、つまり股関節で動くことがとても大事なポイントです。

この姿勢で左右重心移動の速さと、背骨〜股関節のむだなゆるみをなくし、すばやく前進できることを得ます。

また、みぞおち(横隔膜の中心)の無駄な力を抜き、肩は自然と落ち、そして顎を少し引けば、上半身は一体化します。


つまりこれが「剛体化」しているということです。
剛体術などと言われていますが、何も特別なことではありません。

正しい姿勢と、正しい動きのポイント、これだけで自ずと成り立つ技術です。
何度も言いますが、慣れるだけ。

この時、全身の各関節を固める時に使っている筋力が“受動筋力”となるわけです。

筋力と言うより、骨格のアライメントが整い、骨だけの動きの様に感じるのが特徴です。
インナーマッスルがもっとも効率よく作用している姿勢ともいえるでしょう。

以上の「空中腕相撲」は、直接武術の動作ではありませんが、武術の動きそのものとも言える意義ある“武術的アソビ”であると思います。

楽しみながら、実験してみて下さい。


※前腕部の軸の調整法
★前腕の軸が正確にできると、手首がとても脱力できます。この調整法を行う前に手首をブラブラ振ってみて、やった後と比べてみて下さい。

1、両肘(慣れたら片方ずつでも)を脇につけて、小さく前へならえの様に肘を90度に曲げます。
2、両手の掌は前に向ける様にして、手首はできるだけそらせます。
3、指先までしっかり伸ばし、その状態から指先が上から下に動く様に、手首だけを回します。
4、ちょうど“オネエ”と呼ばれる方々が、かわいらしくバイバイしている様な動作になります。

スポンサーサイト

正直にね

先日の日曜日、久しぶりに父の見舞いに行けました。

病院が以前より近くなったのですが、なにかとやることが多く2週間は言っておりませんでした。

寝たきりで、食事も鼻から胃へと管を通しての流動食のみ。

目を開けますが、目線もあまり動かず、言葉も発しないことが多くなりましたが、こちらのことは理解している様です。

娘が話しかけると、目を大きく見開きます。
娘が動く方の手を握ると、父は勝手に指相撲を始めるので、笑ってしまいます。

この日は調子が良かったのか、いつもならしばらくして寝てしまうのですが、ずっと目を開けておりました。

そして偶然かどうか分かりませんが、普段なら目線が合うことなど決してないのに、顔をこちらに向け、私とまっすぐに目が合い、しばらくそのままでおりました。

何の表情もない、まっすぐな目線でしたが、なんとなく射すくめられた様で、しばらく動けない様な感じがしました。

それは、死に近付いている者の持つ、何の嘘もないまっすぐな迫力の様なものなのか。

それとも、私が小さい頃から、口よりも手が早く、迫力のある親父でしたし、田舎で漁師、上京してからはずっと大工という気合の入った親父でしたので、そういう私の個人的な先入観だったのか。



病院に行く前に庭の花を買おうと、近くの園芸店へ行きました。
江戸川区ならではの広い敷地に広がる花を見ていると、なんとなく房総にでも行った様な気になり、気持がよかったです。




たくさんの花のにおい。

久しぶりにかぎました〜。


その後、家族で食事をしてから帰宅し、すぐ琉球古武術の道場へ。

次の日曜日は私も初段審査があるので、課題の鉄甲の動作を繰り返します。

基本操作、基本十本組手、連続組手、そして型。


その日は特別に、琉球古武術保存振興会の総本部から指導員の方が来てくれました。

私よりほんの少しお若い方ですが、16年のキャリアと宗家からも信頼の厚い方とお聞きし、指導が楽しみでした。

実際に指導して頂くと、とにかく“きちっとしている”の一言に尽きます。
動作の細かいところまで、今まであやふやであった部分が明快になりました。

やはり、しっかりした教えどおりにやれば、とても動きやすいものです。
また反面、教えどおりに動くには、移動と体捌きを同時に行わなければならないなと感じました。

ゆっくりやっても攻防一体になるのが武術です。
この点は武器術はとても分かりやすいです。

しっかり相手の攻撃ラインをはずす。そして自分の攻撃は正確に当てる。
これを実現させる為の基本の動きです。

これを徐々に詰めていき、早く動ける様に、また途中で変化できる様に稽古しなければなりません。

特に琉球古武術の場合、両手に持つ武器が多く(サイ、トンファー、鎌、鉄甲など)、いつもの素手の時と比べ、全体の重心のバランスがだいぶ異り、その状態でいつもの動きを出さなくてはならないので、とても勉強になります。

経験豊富な指導員の方の動きが拝見できて、収穫は大きいものでした。




いろいろとある生活の中で考えることがあります。

仕事のためにこうしなくてはならないとか、仕事以外の趣味などではこうしたい、とか。

いろいろとあり、たまに頭がこんがらがってくることがあり、最近は仕事でも趣味でも考えがまとまらなくなってくることが多い気がしてました。


そんな中で私の壁をとっぱらってくれるのは、やはり若い力かなと感じています。

治療でもプライベートでも、ストリートダンスの若い子たちとよく交流させてもらっています。

10代から30代、様々な環境で、様々な思いでダンスに打ち込む彼らの話を聞いていると、時代が見えてくる気がします。

若く、現代の社会の中でこれから力を試そうとしたり、すでにチャレンジしていたりしている子たちの言葉は、現代を濃縮した形で、私の中に入ってきます。


ダンスと言うものを仕事として、ライフワークとしてチャレンジし続ける者。

ダンスはプライベート、仕事は仕事として、分けて考えても、できる限り続けたいと情熱を燃やす者。

今までダンスでチャレンジし続けてきたけど、結婚を機にダンスへの取り組み方は変わっても、その強い思いだけは変わらず維持し続ける者。

ダンスバトルやイベントなどでの実績などに興味はなくとも、己のこだわりのスタイルやダンス本来の楽しさを追求する者。


などなど、いろんなスタイルがあります。

生き方のスタイルと言ってもいい。


こんな一生懸命なみんなの話しを聞いているうちに、自分が取り組むべきというか、行動する際の一番のポイント、行動基準みたいなものが分かってきた気がします。

ダンサーのみんな、いろいろなスタイルがあるけれど、共通するのはみんな“正直”だということ。

なぜ正直であれるのか。
それはダンスという自己表現に取り組んでいるからだと感じます。

バトルやコンテストに出ても出なくても、大勢で踊ろうと一人で踊っていようと、自分の気持ちがそのまま出てしまうのがダンスなので、みんな自分なりの理想を求めて葛藤し、悩み、悔しい思いをし、そしてベストの動きができた時や、仲間と一体になった時は大いに喜ぶ。

これはとても人間的なことで、リアルなことです。


今の時代、情報網が発達しているので、欲しい情報はほぼ何でも、いつでも得ることができます。

けれど、それがどこまで本当なのかは分からないことも結構多い。
しかし、それに依存してしまうことも多いのも事実。

であるならば、まずは正直でいること、リアルでいることが第一にあるべきかなと。


私が関わっている、治療の世界、武術の世界でも、情報を発信している人はたくさんいます。

その中には、あくまで営利目的だなと思えるものもあります。
これは良い悪いではありません。個人の自由です。

そうしたい人はそうすればよいと。

私は情報を少しでも発信すると言う立場にある者なら、正直にありたいなと思うのです。

私も弱小で組織と呼べない様なものですが、自分の会を持っています。

その様な立場におりますと、武術の愛好者の方々から、いろんな質問をメールなどで頂きます。

みなさん、一様に現在の武術に関する情報の真偽に飢えている様です。

これだけの情報化社会ですから、動画でも、言葉でも、できるだけ正直に語っていきたいと思っています。

たとえ自分の技術が低いものであれ、格好をつけず、隠そうとせず、ありのままを公表していければと思っています。


「長命は 粗食(そじき) 正直 日湯 陀羅尼」

ですよ。

【武道空手 身体操作】 痛めてつかんだ鞭身の理

いやー、ようやく確定申告が一段落し、ほっと一息・・・・

してる場合じゃなーーーい!!!


そうそう、5月から始まるキッズヨガ指導者養成講座のテキストの見直し、さらに自分の体操教室のテキストも作成、そしてプリントアウト、製本(?)も自前でやらないとなんないっすからね。

(テキストの表紙。イラストは美術の先生をされている方にお願いしてもらったんです)


(中身はこんな感じ。左側に健康のウンチク、右側に各体操の解説がくる様にデザインされてます)


私の体操教室では、30代から70代までの様々な年代の方に来て頂いてます。

平日の午前中なので、参加できる方も主婦の方が多く、全員女性です。

肩こり、腰痛はもちろん、手や指のしびれ、足の捻挫の後ずっと痛いとか、骨盤のゆがみを治したいなど、女性の悩みにお答えしなければなりませんからね。

でも、内容は運動をやっている方や、ダンサーのみんなや現役の格闘技選手にもまったく同じものを紹介しているんです。


私の体操へのこだわりは、


1、簡単でないと・・・

2、どこでもできないと・・・

3、もちろん効果がないとね!


です。


忙しいと、難しい体操なんてやってられません。
しかも、そんなに時間もかけられません。


そんな訳で、

・立ったままできる!

・イスに座ったままでできる!

・買い物の途中でも何気ない動作だからできる!


というのが特徴です。


体操のもとは、武術の動きの一部分を切り取って反復したものや、ダンスのトレーニングをもっと楽にして、より運動学的にあちこちの関節が連動する様にしたものなどです。


結局、武術とダンスしかないんです。


これらの体操、実は私が武道空手を稽古するにあたり、動きが悪かったり、稽古の中で体を痛めたりした際に、その打開策として考案した体操なんですよね。

ですから、もとはと言えば自分の為だけだったものを、一般の方や他のスポーツをする方にも役立てたいと思って、より覚えやすくしたものなんです。


患者さんがこのテキストのデザインを作って下さり、私は中身の文を書いただけなんでエラそうに言えませんが。
ありがたいことです。

私一人の力ではこんな立派なテキストはずえったいに作成不可能でした。

体操教室の命名をして下さったのも患者さんです。

私はセンスがないので、当初は「一発リセット体操」なんて呼んでました。

はい、なかったことにして下さい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ところで、武術をされている方で、“自分は優しすぎる”と思う方、いませんか?

または、気が弱いためか、“思い切って相手に当てられない”という方もいませんかね?

それがいつも自分の動きを控えめにしちゃう癖がついてしまって、技が全部イマイチなんですよね。

ええ、私がそうなんです。


だから、せっかくシュートボクシングでプロになった時にも、たった2戦でやめちゃったんですよね。

今更ながら、当然な結果だなあと思います。

こう見えても控えめなんです。


値切ることができない。


頼まれ事はあまり断れない。


ダメなのに「大丈夫です!」って言っちゃう・・・。






実はこの前の日曜日、琉球古武術の道場に行った際、改めて気付かされたことがあったんです。


私が習う武器術の前の時間帯は、国際松濤館の空手の稽古の時間です。


その空手の稽古の後半くらいに私が到着するものですから、基本が終わり、組手をやっていることがよくあるんですね。

寸止めルールと言ったって、時には歯は折れる、口は切れる、その他の体の部位も怪我することもある位ですからね。みんな真剣です。



その当日、久しぶりに道場の先輩方と組手をすることになりまして。


お二方とも私より少々年上ですが、昔はブイブイ言わしちゃってたんだろうなあって方々です。

今は理知的でスマートな雰囲気ですけど、組手しますとね、分かるんですよね。
凄みとか怖さがね、あるんですよ!

喧嘩の前のね、ヤバイっ・・・って感覚。
あ、組手は当然ケンカでないですよ。


そのお一方と組手した際、相手の方の回し蹴りを近距離でよけそこない、ちょうど膝が左脇の肋骨に当たってしまったんですね。

その時は「うっ!・・・」と言う感じで、まあなんとか大丈夫だったのですが、こういうのって後から痛くなるんですよね。


翌日の朝、仰向けから起きるのがイテーーー!!


でもそこは私、医療の従事者ということもありますが、高校くらいから肋骨の骨折は3度ほど経験してますので(正確にはあばらの軟骨部分です)、骨はいってないなというのは分かります。

まあ、自分で鍼灸などして、早期に回復はしてます。


前から左の中段の意識が甘いなとは思っておりましたが、それでも武道空手の原理も少々身に付いてきたおかげか、顔面はあまり怖い思いをしないで済んでおります。


なぜ、左の脇に膝をもらってしまったかと言うと、相手に当ててしまうのを極度に恐れる私の気弱な性格によるものです。


中途半端な左の突きを出した為、本来なら半身になるところが相手に対し、まだやや正面を向いている状態で、左腕はハンパに突き出した状態ですから、脇はガラ空きで、ここ蹴って下さいと言わんばかりです。


特に私が稽古している武道空手は、体全身で突き込むので、寸止めがなかなか難しく、もしやるとすれば、全身で突き込んでいる分、上半身をかなりのけ反らせて腕を引かなければなりません。

足腰は脱力、自然落下により、前方に加速して移動してますので、それを戻すことはできません。

その様な武道空手の突きですと、寸止めするにも、たいていは“当て止め”で、浅く当たってしまうことがほとんどです。

拳サポーターなどをしている程度では、相手の顔面を傷付けるおそれがあります。



相手に当ててしまうのをおそれると、体が入らない、肩も入らない、腕だけ伸ばしたへなちょこな突きになってしまうんですね。


特に、腕は脱力して、体の勢いをつなげる“鞭身”の状態にしているのが習慣化されていますので、体の勢いがつながっていないと、ただ力が入ってない締まりのない突きになってるんです。

それを回避しようとして無理に組手をすると、腕の筋力だけで突き引きする、腕だけのスピードしか乗らない突きになる、そんな悪い癖がついてしまうので困ったものです。


今回の組手で、先輩にそれを身をもって教えられた訳ですね。


さらにその後、その先輩に武器術の型(現在は鉄甲)を指導して頂いた時に、左の突きがどうやら上から打ち下ろしてしまう様な癖があることを指摘されました。

やっぱり型とか基本は綺麗にできたに越したことはないですね。
型、基本の存在する意味をまたしても噛みしめました。




さて、それで今後の対応策をどうしようかという事ですね。

しっかり相手に突きが当たっていることを理解させないと、相手は止まってくれません。

いくら、自分が「先に当てた!」と思って拳を引いたとしても、相手がそれが分からず攻撃を続けてきたら、また自分が怪我をする事になってしまいます。

しかし、拳で突くのは、拳サポーターをしていても不十分です。


やはり拳は人を傷付けます。

相手が倒れる、失神するほどのダメージが与えられなかった場合でも、表面だけでも当ててしまうと、それが素手であれば、皮膚は裂け、骨や歯が折れます。

これは掌を使うしかないなと感じ、今は掌での動きを練習しています。



掌なら「当て止め」、つまり当たってから引いても、体の表面を傷付けません。
当たった瞬間にふわりと力を抜いて、優しい手にしてしまうのです。

そんな事を考え、稽古していると、思わぬ副産物が・・・・。



拳で突きの稽古をするより、掌で行った方がより脇腹を前に出していく動きがはっきりします。

腰→脇腹(胸)→肩・腕・拳

と伝わるべき鞭身が、拳で突く場合では肩が上がってしまいやすく、途中の脇腹辺りで鞭身が切れてしまう事が起こりがちなんです。

掌にすると、手首をそらせる事で、肩が自然と下がったままで突く様にできます。


こうして、掌での逆突きをゆーっくりと行っていたところ、脇腹の鞭身の経路をはっきり自覚し、前から得意であった右の順突きがよりやりやすくなり、左の前拳もより肩が入る様になり、また間合いもより遠くから打てる様になってまいりました。


さらには、脇腹の鞭身の経路がはっきりしたことで、「体捌き」と突き蹴りの動きがより一体化しました。


股関節や骨盤の下の方、それから胸の下の方(前、横、後ろと使い分けています)との協調運動に、浮身やら居着かぬ足捌きの要点があると感じています。


これが突きと体捌き、両方を操作するガマクの操作なのかなと感じました。

やっぱり、七転び八起き、失敗から得るものは本当に大きいです。

ただ、失敗も自分からどんどん行動していかないと、得られるものではないし、すぐ近くにある宝を見失う事になるので、そこだけは大事にしたいと思います。




はー、今月もばたばたしそうですが、落ち着いて一つ一つこなしていまいります。

今晩は相変わらず入院中の親父の世話で、日々病院に通うお袋さまに鍼灸でもしようかと思います。

いや、くだらない話をするだけでもいいかな。

70を過ぎるとちっちゃくなっちゃいまして、私が幼い頃、片手で捕まえられて振り回された迫力もどこへやら。

弱々しくなった姿を見るだけで、なんか、かわいそうになっちゃうんですよね。

ごめん、好きなことばっかりやってる呑気な息子で。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。