武道空手研究会 ~武術・ダンス・東洋医学~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【武道空手 身体操作】~4月一般稽古会終了~

今日は祝日ですね!

私は通常どおりに仕事ですが、本日は往診で遅い時間から始まるため、ゆっくりした朝の時間を過ごせています。

天気も午後から崩れ気味とは言え、風もなくおだやかです。

街も静かで休日の独特の雰囲気がいいですね。
いつもよりゆったりした気持ちになれます。


さて、一昨日の日曜日、久しぶりに再開した一般稽古会。

問い合わせは多かったのですが、ゴールデンウィークや月末でのお仕事など、都合のつかない方も多かったですが、2名の方が参加してくれました。

お二人とも武道経験者なので、私の方が楽をさせて頂いてしまった様です。

とは言いましても、武道空手の技術とその原理の体感、体得はかなり独特なものですので、しっかりとポイントを踏まえて指導させて頂きました。


当日は、合同練習や行事などで参加できない選手らを除く、総合格闘技の選手2名を1時間指導しておりました。

その後、一般稽古会へと移る訳ですが、少し早めに来て頂いた皆さんに見学して頂くことで、何か伝わったこともあるのではないかと思っています。



さて、稽古会の始めに、武道空手の三大原理であります、

“正中線”
“鞭身”
“浮身”(沈身)


を説明し、これらが動きの中でどう使われているかを選手相手に実演しました。


そしてまずは一番とっかかりやすい、

“腕と脚の鞭身”

からの練習でスタート。



なぜ、腕や脚の鞭身が入りやすいかと言うと、当たり前のことですが、体幹部の操作より腕や脚の末端部の方が、振り回しやすく、また脱力しやすい、遠心力を感じやすい、と言った要因があるからです。

体幹部の難しさは、四肢が脱力すると、たいていの方は姿勢が崩れることにあります。

それは体幹部の動きをきちんと理解していないからです。



体幹部の動きを理解するとは、


“基本的な動きの方向”

“それらの方向への最大限の可動域”

“呼吸を伴った動き”


と言った理論と段階を踏むことです。


いつも私がストリートダンサーや主婦、また一般の患者さんに指導していることとまったく同じことなんです。

人間、いや動物としてここまでの可動域は、誰だって動きますよ!と言ってアドバイスさせてもらっているものです。



ダンサーでも、他のアスリートでも、一般人でも、自分で自分の体に

“無意識のブレーキ”

をかけていることに気付いていないのです。



それは、二足歩行をしなければならない人間にとっては、誰にでも起こりうることで、肩こりや腰痛の原因となるものと同じです。

つまり、重力にかなりさからった状態での生活を強いられていると言うことです。

わかりやすく言いますと、物理的に

“2本脚の机やイス”

はあり得ません。


2本脚では自律的に立っていることができませんから、それらは机やイスとは呼べないでしょう。

ところが、脚が3本になった時点から、自律的に立っていられる様になります。
お年寄りが杖をつくのは、ごく自然な結果であるのでしょうね。



説明が長引きましたが、そうした2本脚の状態を維持するためには、無意識に体を固めて、安定させる力を入れていると言うことです。

それが自由な動きを奪う、体のブレーキとなる訳です。
それらを取り去るのが、体幹部の基本エクササイズです。

腕や脚の鞭身は体感・体得しやすくても、体幹部が“固まって動けない状態”では、武道では使えません。

その場で止まったままでの戦いなどありえませんからね。




ここで“腕と脚の鞭身”に話が戻りますが、これらを体感させやすくするのに用いるのが、いつも私が使っている、全身に点在する

“動きの支点”

です。


YOUTUBEの動画でも紹介していますが、現在はさらに進歩していますので、当時の支点に加えて別の支点や軸なども連動させると、参加者の皆さんの突きがその場ですぐに変化します。


いつも選手らにやっているのと同じですが、私がミットで突きを受けますと、まず音が変わります。

それは重さや切れ(貫通力)、そして伸びなどが変わっているということが付随しますので、だいたい打っているご本人が驚きます。

また、予想以上に伸びるため、間合いの感覚がいつもと違ってしまい、少々戸惑っているので、全身の微調整をしてあげると、さらに良くなるという感じです。



また、突きに関しては、その他

“拳の締め”

を用いると、当たった感触が、まるで“石の拳”に変わります。



“拳の握り”とはよく言われますが、私の場合、握ると言うより、特定の部位、特定の筋肉を締めると言う感覚が強いです。

空手的に自分の拳を傷めない正しい握りをするには、


“各指の骨のアライメント”


を正すことに尽きます。


それは医学的に理解し、また自分の経験から特定の支点を導き出し、それにより一瞬で“石の拳”に変化させる訳です。


あたかも簡単に拳が固く、修得困難とされる正しい握りができる様なことを言っておりますが、これを発見するのに私は、

“巻きワラ”

を突くことに相当な時間を費やしました。


また、以前私がお世話になっていた道場でもやっていなかった、

“砂袋”

も自主的に取り組みました。


砂袋、これは突けば突くほどに砂が詰まっていき、相当に固くなるものです。


これらを鞭身や浮身などを使って、全身の重さを落下、加速させた勢いでつこうとしますと、生半可な状態では骨が折れるのは当たり前です。


私は治療を生業としておりますから、手を傷める訳にはまいりません。


ですから、闇雲にガンガンと突いたり蹴ったりしたのではなく、一番工夫を凝らしたのは、

“突いた衝撃をもっとも小さく感じるアライメント”

を常に探しながら、徐々に強く打つ様にしていった訳です。


そうして得られたのが、拳の握りに関わる、拳の締め、そのための“拳の支点”なのです。



その他、腕の操作に関しては、空手の型、「転掌」の動作に含まれる、

“手首の支点”


を体感することにより、突きが強くなるのはもちろん、押したり、引いたりすることがとても強くなります。


別の言い方をすると、

“腕から上半身の剛体化”

です。


一般に“剛体化”“剛体術”などと呼ばれるものがありますが、これは特別難しいものではありません。


正しい支点を理解すればその場でできてしまいます。



そしてこれは総合格闘技における組合、すなわち立合いの相撲やレスリング、寝技の際にも楽に強い力が出せます。

また、剛体化とは固まったイメージがあると思いますが、


“各関節に遊びのない状態”

ということで、それでいて支点を利用し、力でやっている訳ではありませんから、最小限の力で、いいアライメントを保持している状態なのです。


そのため、いつでも力を抜けるし、いつでも強く固めることができるので、太極拳の推手や、
またジャズダンスをやっている女性ダンサーのしなやかでさらに遠くにのばせる腕の操作などに役立っています。


とまあ、腕だけでもこんなに書くことがあるのかと自分でも思いますが、その先に体幹部の操作があって、それと腕や脚をつなげることで武道空手の全体像が見えてまいります。


そういったことから入らないと、空手の型や基本動作もあまり意味の分からないものになってしまいます。

それらの原理を理解すると、空手の基本動作とは、本当にそれらの原理を体感しやくするための形になっているなあと、先人に感謝するばかりです。


一般参加の皆さんを指導するすみっこで、総合選手らがもくもくと空手の基本動作をしている光景が実に面白く感じますね。

こうした武道空手の恩恵を受け、またそれらがより人に伝わりやすい様に、解読することを続けていきたいものです。
スポンサーサイト

テーマ:武道・武術 - ジャンル:スポーツ

【武道空手 身体操作】~空間の把握~

今日もいい天気です。

花々が一斉に咲くこの季節、通勤や往診などの道すがら、色とりどりの道端の花が最高の癒しです。

以前から思っているのですが、そうした草花を眺めていますと、来年こそは絶対にうちの庭にもシバザクラを植えようと固く決意しました。

あれが自宅の庭にあったらさぞかし気分がいいだろうなあと。


最近、治療院にて選手たちへの稽古会をやることが多くなっています。
私の休日や業務終了後などの時間で来てもらうのです。

日曜日はダンスバトルのイベントサポートなどで私の都合がつかないことが多く、その代わりにと行っているのですが、せまい場所なので申し訳なく思っています。

それよりも申し訳なく思うのが、技術指導です。

いつも「ああ!あれを伝えていなかったなあ。」とか、「なんでこれに気付いていなかったんだろう。」とか。

まあ、私自身も成長過程にいるわけですから、そういうのがあって当たり前なのですけれど、自分でやっていることに自分で気付いていないことが悔しいです。


先日、薄い拳サポーターを着けて、手による技だけの組手の稽古をしました。

その日、注目したのは

“空間の把握”

です。


今まで説明してきた、


“正中線”

“天王山”
(相手の拳や蹴り足が必ず通るとされる空間)

“限度間合い”(正中線と天王山により感知される動きの最終決定をせまられる距離)




などは、別個で説明するとよく分かるのですが、組手で全体像を把握しようとするとどうもぎこちない。

一つを意識すると、他がダメになったりして、結局は考えることが多くなってしまう。


それらを総合して“制空圏”などの自分の身の回りの空間意識を高めろ、とか第6感的な感覚を高めるのも、当然最終目標ではありますが、仮にある種の稽古法で、そうした感覚的な部分だけ高まったとします。

意識が反応することが、武術の、いや護身の最初の一歩かもしれませんが、それを技術的に動きで返せる様になって、はじめて武術となると思うのです。

そのため、私は目に見えず把握しにくい精神や意識よりも、そこに実在して誰もが把握できる“身体”から変えていくことを第一義としております。


私の考えでは、

”体が変われば技が変わる”
から、

”体が変われば意識も変わる”
と言う流れが、必ず起きるものと思っています。



また、宮本武蔵も五輪書の中で、

「分かりやすいところからはいるべし」

と言う様なことを言っています。

分かりにくいところから入ろうとすると、一部の天才以外は一生分からないままで終えるでしょう。



そうした思いで、少しでも分かりやすく、再現しやすくということで、今回も空間の把握を指導しました。

基本の“正中線”などを応用した上で、空間の把握の基準と、その空間をある一定の間隔で分割することにより、すぐに選手らは反応が変わってきました。

私が手を出すのが怖い感覚があった様ですが、その空間の把握の仕方を指導すると、まったく怖くない様子で、私に交差法のカウンターをばしばしと決めておりました。

最初は蹴りは使わず突きに限定した組手でしたが、そうなってからは蹴りを途中で入れても、しっかり見えていて余裕でよけていました。

面白いものですね。


意識が変わる、と言うより、ある原理を理解すると、こうも動きが変わるものでしょうか。
自分で指導していながら、本当に面白いなといつも感じてしまいます。

指導する側、される側、自分の予想以上に体が動く様になってくれた瞬間の喜び。
これが最高に楽しくて、活動の原動力になっているんですね。

さて、今日は前半は選手らへ指導した後、久しぶりに再開した一般稽古会です。

皆さんに、今まで蓄積して磨きをかけた身体操作アドバイスを存分に味わってもらおうと思います。

私がもっとも大事にしている、

“確信のもてる一人稽古”

ができる様な、アイデアを全力でお伝えしてまいります。

私も楽しみです。


テーマ:武道・武術 - ジャンル:スポーツ

【武道空手 身体操作】~指導者の責任~


なんだか冬に戻ってしまった気もする天気が続いてますね。
私は寒がりな方なので、ばっちり冬物のアウターを着ております。

この季節、本当に予想外の冷えにあてられ、体調不良が長引いている方も多い様です。
衣食住、いろんな面で気を付けたいですね。


さて、昨日は治療院内にて総合格闘技選手の指導をしておりました。

治療院は8.5坪しかありませんが、ベッド2台置いてあるスペースを除いても、3名位までは交代させながら指導は可能です。

武術の稽古は、畳一畳あればできる、とも言われますが、まだそこまで高度な技術を分かち合える状態でもありません。

仮に行ったとしても、なるべく競技者の即戦力となれる様な指導内容にしたいので、今の彼らの現実に則したものを行う様にしています。

今回はいつものメンバーの、MMAプロ選手2名が来てくれました。

他の選手らは、ジムメイトの試合の応援やセコンドにつくなどで、参加できませんでしたが、全員に来てもらったらかなりの人口密度になってしまいますね(笑)



まず、最初にパソコン画面で、動画を見ました。

彼らが持ち寄った、理想的な選手の試合や、彼ら自身のスパーリングや試合の動画です。

その良い部分、悪い部分などが、武道空手の技術とどう合致するのかを話し合っていきます。

その後、実技に入りました。



動画を見ながら思ったのは、彼らの良い動きではなく、悪い動きのシーンばかりが目に付いてしまうことです。

生きていく上では基本的にポジティブ発想でいたいものですが、武術的視点から見ると、一つしかない大切な命を失うかもしれない、そういう可能性をできる限り排除しなければなりません。

ですから、自ずとその点に厳しくなってしまい、マイナスな面ばかりを見てしまうのですね。


そしてまた、その彼らの“悪い動きの原因”は、私にあるからです。

武道空手の技術的な根幹である“正中線”や体軸、正しい直線的攻撃などをうるさく言い過ぎたのでしょうか。

その競技のジャンルやルールによっては、中途半端な武術的な動きよりも、一般的な格闘競技の構えの方が、断然自由度が高いです。

競技を実践する中で発達してきたのですから当然ですね。



ワンランク上の動きを目指そう!などと言っても、修得が難しい武術的身体操作は、応用できるまでには少々時間がかかります。

今までの動きの癖を取り、新たな動き方を身に着けるのですから。

ただ、その武術的な動きの平均点は低くても、全般的に身に着けた時は、かなり試合の運び方は違ってくると思います。

私が彼らと組手などして、それは彼らに伝わっていると思うからです。



今までの動きと、まったく違う動き方を身に着けるには、はじめから全体像を可能にさせることは不可能です。

それを何段階かに分けて教えなければなりません。

ですから、私の時間の空いた時は、いつもの会場に全員集合した時だけでは当然間に合わないので、個別、または数人に分けて、治療院で指導しているのです。

そうしていても、やはり私の教え方に偏りがあったり、段階的とは言え彼らに対する時間がなかなか作れなかったりと言うことが、彼らの試合に直結するのだと言うことを身に染みて感じています。



それは今年に入ってから、彼らの試合が続いており、幸いにも皆勝利し続けてくれていましたが、先のZSTのリングでは惜しくも引き分けになってしまい、本人は大した怪我もありませんでしたが、迷いが生じて全力が出し切れず、悔しさを残してしまった、そういう試合でありました。


その先の試合をした選手も、終始優勢で勝利したものの、武道空手的にはもらうはずのない、いいカウンターをもらってしまったりと、本人の胸の内に納得できない悔しさを残してしまったのです。


話が戻りますが、これらの現象は、皆で動画を見直すことでよりはっきりしました。

武道空手的にはこれはやってはダメだよ、こういう姿勢だと技が出ないので、むしろ一般的な構えの方がいいよ、と言うことです。


それらの原因が、私としては指導する側にあると思うのです。

よく彼らに言うのですが、自分でもその指導ポイント、身体操作のポイントが分かっていないことが多々あるのです。

彼らに”お題”をもらうことで、その解決策を考えるうちに、自分では気付いてなかったけど、こんな操作をしていたんだな、と言うことがしょっちゅうです。

より人に伝えやすくするには、普遍的な表現で、しかも再現性の高いエクササイズ的なものにもする必要があります。

そしてその後に対人稽古をすれば、言わなくても勝手にできるのです。

自分で自分の動きが変わった彼らの、目を丸くした表情を見れば一目瞭然です。

自分で自分の動きに驚くのです。

「できた!!」

と言う瞬間の喜びは、何物にも代えがたいものですね。

彼らとは、皆2~3年ほどの付き合いです。

難しい武道空手の身体操作でも、この2年と言う中で相当に進歩しました。

それは彼ら自身が、体を動かすのに、一定の基準を持って動けるから、試合中にいろいろなことを考えずに済むと言ってくれていることで効果を出せていると思います。

私の約17年分のノウハウが詰まっているのですから、それくらいは効果があってもいいかなと思ってしまいます。

彼らが抱えている様々な疑問。

こういう時は、構えをこうした方がいいのだろうか?

こういう相手には、こういう技で組み立てていった方がいいのだろうか?

この技を出すには、ここの部分は捨てなければいけないのか?


昨日の稽古では、それらほとんどすべてが解決できました。

一言で言うと、すべては“姿勢”であると。

まっすぐ打てない突きや蹴りがまっすぐに、伸びて速く強力になる。

カウンターが体捌きと共にでき様になる。

相手の構えやスタイルに惑わされず、自分のリズムで焦らない動きになる。

それらのことが、武道空手の理想的な姿勢にすることにより、すべて可能になるのです。

そのホームポジションを忘れないで!

と彼らに言います。



彼ら自身、そのボディバランスが崩れた時が、追い込まれたり、カウンターを食らうことを理屈と技術で理解しています。

その他、武術には精神的な側面も大きいですが、私はまず身体の技術を正しく身に付ければ、上記の様な理想的状態を獲得してリラックスできるので、自ずと精神面もフラットで“読み”のできる良い状態になれるのではないかと考えています。

先に精神の鍛練や、脳や身体の感知を鍛練すると言う手もありますが、私はまず身体と言う、誰もが触れることのできる、より実感のあるものを入口として、その先の精神的なものに入っていきたいと思っています。


“心身の一致”

とは、武術でよく言われる理想的状態です。

私が思いますに、これらのどちらかが進んでしまったり、またどちらかが追い付いていなかったりする、両者のバランスが崩れた時に、人は失敗するのだと思います。

心身のバランス、そして入口は目に見える、手に触れられる“身体”から、と言うのが私の理想です。

競技者に導かれながら、彼らの課題を解決し続けることによって、自分の技術をより深く理解し、無意識から意識的に調整できる様になれます。

そして、得た知識や方法を様々なジャンルの人たちと分け合えたら。

現役選手らと二人三脚のスタイルで今後も参りたいと思います。

4月27日(日)稽古会詳細
http://budoukarate1005.blog.fc2.com/blog-entry-564.html

テーマ:武道・武術 - ジャンル:スポーツ

【武道空手 身体操作】~稽古会の指導内容について~

先日、一般稽古会のお知らせをしてから、

「具体的な稽古の内容は?」

と言うご質問を何件か頂戴しました。


確かに、武道空手の原理の体感、体得と言ったところで、私の言う“武道空手”がどんなものなのか、そしてそれをどの様に体感・体得させるのか、と言うことは詳しくはお伝えできてなかったと思います。


まず、私の言う武道空手とは、師に教わったもの以外の何物でもありません。

現在は師のもとを離れ、独自で活動しているので安易に師の名を語ることはできませんが、自分が教わったものを再現せんとやり続けているだけです。


そして、それをどの様に体感、体得させるのかについては、以前から私が提唱しております、

“人体各所の支点と軸”

これを使って、自分以外の人にその技の原理を再現させようと言うものです。


これも以前から申しておりますが、この私の運動指導の原理である“支点と軸”は、私が行っている主婦の体操教室での主婦の皆さん(30代~70代後半)、そしてストリートダンサー、一般の患者さんで追試しており、効果を出してきたものを精選したものです。

もちろん、それらを総合格闘技や直接打撃制の空手選手などにても試し、同様の効果を得ています。

人間の体と言うのも“物体”でありますから、そこに重心の位置や各パーツの連動など、普遍的な法則が働くのは当然です。



効率のよい動き方、楽に、また正確に繰り返すボディコントロールなど、考えてみただけでは、とても困難な様に感じますが、身体各所の“軸”、または“支点”などの位置を感じ、そこを動かすことを体感させるシンプルなエクササイズをさせることによって、自動的に連動感や全身の一体感、また緩急や強弱を楽にコントロールできる様になります。

と、理想的なことを申しましても、現在の私の技量以上のものは人には伝えられません。

自分ができて、理屈で理解して、初めて人に指導ができると言うものです。

ですから、試合などはやらない身ではありますが、武道空手の技術を向上させ続けなければなりません。


試合はしないとは言っても、軽い組手くらいはしないと何も分かりません。
怪我をしない程度に試し合えれば、それで充分です。

目指すのはかなりの高みですが、試合をせずともそれが確認できるのか?
と言う点に付きましては、現役の選手たちが検証してくれているのが参考になります。

また、現役選手たちに私の技術が有効であると認めてもらうには、

実際に立ち合って示し、

その後に身体操作を体感させ、

さらに理屈で説明して納得してもらう、

そういう手順があってこそです。



現役の競技者ですから、理屈ばかり言ったとて、またいくら技を見せびらかしたとて、認めてはくれませんし、求めてもくれません。


そこは絶対に証明させると言う私の意地があります。

言葉やデモンストレーションだけでだましたくはありませんからね。



私の指導方針は、

技を見せ、

体感させ、

説明する、

これだけです。



武術は理屈に走ってはいけません。

結果は制圧する者とされる者、

自分を守れる者と守れない者、

とてもシンプルです。



理屈は後から。

動いて、動ける様にさせて、それらができないで稽古会に参加する人を納得させることはできません。

カリスマ性もない、話もうまくない、その様な私は証明し続けるしかありません。

説明はうまいに越したことはありませんが、もとより武術はビジネスでもないので、そんなものは必要ないでしょう。



若い格闘技選手、若いストリートダンサーたちは戦い続けています。

そんな戦い続けているたくさんの若者たちと接していると、自分をごまかしたり、なまけたりするのが恥ずかしいことと尚更強く思います。

一般稽古会を再開するに当たり、より自分に対して勝負していきたいと思っています。


そして、より多くの方が、年齢や体力などにあまり左右されずに、

“自分の身体”

に対して希望を持って頂けることを願います。

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。